« 東近江市立八日市図書館見学記 2 | メイン | 東北近江図書館事情1 »

2005/12/25

コメント

趣文理さん

『今年の京子の一研究~6図書館指標比較~』を拝見しました。
とても良くまとめられています。私が利用している湖東の図書館の位置づけ、特色も良く分かります。本当にご苦労さまでした。こういった資料を基に、提言書「市の図書館基本構想」が福知山市の教育長に提出されたのですね。新図書館の早期実現をお祈りしています。京子さんのまとめたものと、滋賀県立図書館のHPにある統計資料http://www.library.pref.shiga.jp/outline/10.pdfを比べて見ています。これらを見ていると自治体が長期的な教育に掛ける思いが分かりますね。少し時間が掛かりますが、私なりにまとめてみようと思っています。「東北近江図書館事情」には、敢えて、良くないところを書きませんでしたが、近くの町で前にヴォーリズ建築でマスコミを賑わした「T郷町」では、「作っておけばいいだろう」というような感じの図書館です。同じ建物にはオドロオドロしい「からくり」があって、町民のことを考えない「ハコモノ」としか思えません。福知山がそのようにならないためには、市長さん達に『一研究』にある図書館を見ていただくことが重要です。それも週末の利用者の多い日が良いと思います。

(以上、掲示板「今日のあなた」に2005年12月26日に趣文理さんが書き込んでくださったコメントを転記させていただきました by KYOKO)

KYOKO

趣文理さん、ありがとうございます。
私の「一研究」をご覧いただき、ありがとうございました。
八日市図書館さんの数値については、
巽館長さまに大変お世話になったのです。
 ぶしつけな質問にも、骨惜しみなく調べ即答くださり、
本当にありがたかった。
「一研究」がまとまったら、お送りします、と申し上げながら
まだ・・・なんです。恐縮。

図書館先進地視察は、市議さん方の中には精力的に
してくださっている方もあるようです。
来年は市長さんにも直々に視察いただけたらうれしい。
百聞は一見に如かず、で、理事者の方に図書館の素晴らしさを
わかっていただけたら、一気に実現することも多いと思います。
来年もねばりづよーーく、図書館の力をアピールしていきます!

図書館をみれば、そのまちがわかる気がします。
図書「館」という言葉からハコモノを想像しがちですが、
「図書館サービス」「図書館システム」と考えて、
取り組むとよいと思います。

少し前の資料になりますが、菅谷明子さんの論文のURLを
ご紹介します。
http://www.rieti.go.jp/jp/events/03071101/pdf/sugaya_paper.pdf

(以上、掲示板「今日のあなた」への趣文理さんのコメントについて、2005年12月28日にお返事さしあげたものです by KYOKO)

この記事へのコメントは終了しました。